2010年12月09日

ハンドケアの意識

冬場など寒くなってくると手荒れが酷くなったりします。
手荒れが酷くなると、痛みや痒みで日常生活にも支障をきたしてしまいます。
辛い手荒れになる前に、手荒れの原因を知り、予防できる部分は予防しておきましょう。

手は人から見られる部分です。
人の手が荒れていると、やはり気になるものです。
若々しい手をいつも見せるためにも、ハンドケアは必要です。

手荒れの原因は様々ですが、特に主婦だと水仕事が原因になることが多いようです。
家事をする時は、しょっちゅう、水を使います。
家事と家事の合間に、ハンドクリームをつけることも煩わしいものです。
特に、午前中の家事が終わって、午後の夕食の支度に取り掛かる前でも、ハンドクリームを塗ったところで、どうせまた水を使うからと思い、クリームをつけなかったりすることも多くあります。

しかし、これを繰り返しているうちに、手は荒れていってしまいます。
家事の合間にハンドクリームをつけるということが無理だとしても、夜はしっかりとハンドケアをしましょう。
血行を良くして、しっかりマッサージをすること、自分にあったハンドクリームをつけて、手袋をして夜は眠る事。
それだけでずいぶん、手荒れの頻度が低くなってきます。
ラベル:スキンケア 美容
posted by yassan727002 at 17:02| スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。