2010年11月30日

手荒れの対策

手あれの症状は、様々です。
特に冬場は乾燥の季節ですから、手がカサカサになっったり、ひび割れてしまったりするという人も大勢います。
最も手が荒れる時期です。
空気が乾燥し、気温が低下すると、手荒れの症状が出るだけではなく、ハンドケアをしても治りにくかったりします。
手荒れの症状も、最初は、皮膚がカサカサになる程度ですが、重症になってくると、ひび割れて痛みが出たり、出血したりします。
つまり、予防をしていくことがとても大切です。

予防には、こまめにハンドクリームなどを塗って保湿すること、外出時には紫外線による乾燥を防止するためにクリームを塗ること、水仕事をするときには洗剤をしっかり洗い流して、手の水分を拭き取ることなどをします。
また、入浴時のシャンプーやリンスも、皮膚に刺激を与えてしまうものもありますので、天然成分のものを選びましょう。
眠る時には、保湿用ハンドクリームを塗って、綿の手袋などをしてしっかり保湿するのも「手」です。

手は、意外と目立つものです。
人から見られている部分でもあるので、荒れていると気になるものです。
痛みがあると、日常生活でも困りますし、日ごろから出来るだけのケアをして、美しく健康な手を保ちたいですね。
ラベル:美容 スキンケア
posted by yassan727002 at 19:56| スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。