2010年11月16日

炭水化物でダイエット

炭水化物は、米や小麦など主食となる穀物に多く含まれています。

炭水化物は、体内で分解されて糖質になり、エネルギーとして使われます。
そのため、過剰に摂取した後、消費されない分は脂肪として蓄積されてしまいます。

これを考慮して、炭水化物の摂取を抑えることで、脂肪が身体につかないようにするのが低炭水化物ダイエットです。
また、炭水化物を全く摂取しないようにするのが脱炭水化物ダイエットです。

方法としては、お米(ごはん)や小麦(麺やパンなどの小麦製品)の摂取を控えるのが主となります。
ですが、単純に控えるのではなく、白米を食べていたのを玄米や分搗き米にしてみたり、精白された小麦を使用したパンや麺類を精白していない全粒粉を使用したパンや麺類に変えるという方法もあります。
カロリーを抑えたり、糖分の吸収を緩やかにしたり、栄養度をアップしたりできるので、痩せるだけでなく、健康的になれる食事と言えますし、糖尿病などにもなりにくくなります。

しかし、急に食事を変えると場合によっては身体に異常を招くこともありますので、徐々に変えていくことをおおすすめします。

そして、脱炭水化物ダイエットに関しては、体質や生活習慣などによりますが、基本は避けた方がよいと思います。

どうしても短期間で体重を落としたい、というときには効果があるのですが、その分、体調管理が難しく注意が必要です。
女性の場合、体質によっては月経が止まることもありますので、異変に気づいたらすぐに辞めましょう。
ラベル:ダイエット
posted by yassan727002 at 13:49| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。