2010年11月11日

断食でダイエット

断食というのは、宗教的な修行の一貫として行われてきました。
しかし、現代社会ではデトックス効果を期待した健康法もしくはダイエットとしても行なわれています。

断食をおこなうことによって、胃腸を休めることができます。
その結果、胃腸が本来の元気を取り戻し、働きが活発化し、お腹にたまった老廃物などをしっかりと外に出すことができるのです。
それによって身体が各々の働きを取り戻して、血行も代謝も良くなれば痩せやすい身体にもなります。

断食には、1〜3日程度行う軽めのものから、1週間以上行う本格的なものまであります。
ダイエット目的で行う断食の場合は、1〜3日の断食を1〜3か月に1度程度行い、徐々に体質を改善していくというのがよろしいでしょう。

断食の方法は色々とあります。
水しかとらないといったものから、ヨーグルトや野菜ジュースを使用したプチ断食という方法もあります。

断食の前後には減食期と復食期をおくことで、おかゆなどの軽めの食事にしましょう。
いきなり食事を断つのはいけません。
まずは、消化の良い食べ物で胃腸の準備をさせることが大切なんです。
そして断食後は、突然普通の食事に戻すと胃腸が驚いて負担をかけてしまうので、消化の良い物を食べて慣らしていきましょう。

特に 断食後の胃腸は吸収の良い状態になっているので、高品質の食品を選んで良質な栄養を吸収させてあげるのも良いですね。
ラベル:ダイエット
posted by yassan727002 at 15:28| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。