2011年02月04日

首の疲れに効くツボ

デスクワークなどでは、首まわりが疲れがちになります。
ひどくなると、痛みを伴うこともあります。
首の疲れには足のツボを刺激して血行をよくして、首のこりをほぐすことができます。

頭・脳:
親指は頭につながっているので、刺激することで脳内の血行を促して首のこりをほぐします。
ポイントは、親指全体をしっかり揉むことです。

肩:
人差し指の付け根の下から小指の方向に、首から肩に効くツボが並んでいます。
この部分をよく揉み、首だけではなく肩にも刺激を与えましょう。
効果的な揉み方は、人差し指の方から小指側へ向かってよく押して揉むことです。

首:
親指の付け根の部分には、首の骨である頸椎のツボがあります。
重い頭を常に支えている頸椎は、大きな負担がかかっています。
この部分を刺激し、血行を促して首の疲れを取りましょう。
ラベル:ツボ 首の疲れ
posted by yassan727002 at 12:52| 健康あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。