2011年02月01日

風邪予防の手ツボ

寒いこの時期に風邪などで体調を崩す方も多いと思います。

風邪の予防に効果のあるツボとして老商(ロウショウ)があります。
手の親指の爪の人差し指側に位置しています。
親指の爪の根元あたりです。
身体の免疫力を向上させてくれて、抵抗力がつき風邪が引きにくい身体にすると同時に、自己治癒力も増進されるよう働きかけてくれる効果ももっているのです。

押し方は、かなり小さいポイントとなっているので、爪をたてて傷つけないように指の先などとがっていないもので刺激しましょう。
左右の手を交互に10回ずつ、キュッキュッと軽く押す揉む程度が目安となっており、朝晩の2回行うように心がけましょう。
ラベル:風邪予防 ツボ
posted by yassan727002 at 20:00| 健康あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。