2010年11月25日

手が荒れてしまったら

手荒れの治療は、やはり保湿をしっかりすることがポイントとなってきます。

肌の角質は約1ヶ月で新しい角質層が再生されます。
ですので、手荒れになってしまった時には、手を洗う回数を減らすのもひとつの方法です。
使い捨て手袋を使うようにすると、手を洗う回数は減ると思います。
少しもったいないような気もしますが、手荒れが酷いときにはなるべく手を洗わないことが一番です。
手荒れで痛んでしまった手を水に濡らさないようにすることで治りが早くなります。
手荒れが酷い時だけと限定する感じで、惜しみなく、使い捨て手袋を使いたいものです。

そして、どうしても手を洗いたい場合は、なるべく水のみで洗うようにします。
洗剤を使ってしまうと、必要な皮脂まで流れ落ちてしまいますから。
お湯も同じように皮脂を落としてしまいます。
ですから、水で洗って、しっかり水気を拭き取るようにすのがベストです。

手荒れは自分で治すこともできますが、皮膚科などで適切なお薬や、手荒れ治療を受けると早く治ります。
ひび割れくらいで病院というのも大袈裟に思えるかもしれませんが、皮膚科を受診してみてください。
一度、薬をもらっておくと、次は酷くなる前に簡単に治せたりすることもあるので良いです。
主婦の方、もしくは職業柄、水で何度も手を洗うような仕事をしている人は、どうしても手荒れが酷くなってしまいます。
べたつかないハンドクリームなどで、こまめに保湿してみてくださいね。

とにかく手荒れは重症化する前に早めに治療することが大事です。
posted by yassan727002 at 15:18| スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。